即日審査の三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック -

融資

2014年11月18日

現金が必要な時は借りることで対応できる

Tags:

各種支払いはクレジットカードや銀行引き落としにしたり、電子マネーを積極的に利用したりと現金を持ち歩く機会がかなり減っている方も多いのではないでしょうか。ポイントが貯まることなどからもクレジットカードを使う機会が増えている方も多いですよね。キャッシュレスでも特に問題を感じずに生活できるようにはなっていますが、どうしても現金が必要な時というのもあるものですね。
クレジットカードに対応していないお店なども全くないわけではなく、時折現金を準備する必要に迫られることもあるでしょう。銀行に残高があればよいのですが、そうではない場合どうやって現金を用意すればよいのでしょう。
すぐに現金を準備しなければならない時は、お金を借りるという方法があります。できるだけ早く借り入れできる状態にしたい時には、消費者金融などのキャッシングが銀行借入審査スピードなどからもおすすめです。
消費者金融の審査時間は、最短で約30分程度です。すぐに手元に現金が必要な時には、店舗や自動契約機での申し込みがおすすめです。ネットでの契約を選ぶと、カードの受け取りを郵送にした場合はどうしても時間が長くかかってしまいます。店舗や自動契約機ならその場で契約、カードを受け取って借り入れできますので最もスピーディーになるのです。
もしもの時に備えて、クレジットカードに加えてこういったキャッシングのためのカードも準備しておくのもよいかもしれません。キャッシングカードは年会費などが必要ありませんので、借り入れできる状態にしておいても維持費がかからないのです。

お金

2014年10月4日

プロミスの金利を計算しよう

Tags:

プロミスの金利を計算する場合は、プロミス公式サイトにある返済シュミレーションのページを使っでましょう。ここでは、借入の大まかな金額から毎月の各返済額を簡単に調べることが出来ます。また、返済総額についで詳細な金額を知ることが出来るので、より賢くお得にカードローンの利用が出来るでしょう。
プロミスのフリーキャッシングでは、6.3%から17.8%どう低金利−キャッシングが可能です。多くの場合17.8%の金利が適用されるので、仮に10万円を1年以内で返済する場合、毎月の返済額は1万円となります。そしでこの場合の返済総額は10万9、043円となります。
10万円のキャッシングを2年で返済する場合、毎月の返済額は5、000円となり、月々の返済は小さく感じるかもしれません。しかし、返済にかかる総額は11万9、490円と大きくなります。出来れば短い期間で完済するようにしましょう。
プロミスではフリーキャッシングと同じ利息で、貸金業法に基づくおまとめローンや、自営業者向けのカードの商品を利用することが出来ます。ただし、最初に(ローンの利用)目的が決まっでる方には、目的ローンと呼ばれる更に低金利のローン商品が利用可能です。
学費資金や引っ越し、結婚資金、入院費用、生活費等、目的がはっきりしでれば、いつでもお得な「プロミスの目的ローン」に申し込むことが出来ます。どのローン商品が最もふさわしいのか、プロミスのオペレーターに一度問い合わせででいかがでしょうか。

キャッシング

2014年7月11日

即日審査の三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック

Tags:

最近人気があるのは即日審査が行われている三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックです。
金利は4.6%〜14.6%となっていますが融資限度額によって金利が決まります。
おまとめとしての商品はありませんがもちろんおまとめに使うことができます。
借入利率となる金利を確認しておきましょう。
・10万円以上50万円以下 14.6%
・50万円超100万円以下 12.6%
・100万円超150万円以下 11.6%
・150万円超200万円以下 9.6%
・200万円超250万円以下 8.1%
・250万円超300万円以下 7.1%
・300万円超400万円以下 6.1%
・400万円超500万円未満 5.6%
・500万円 4.6%
借り入れる金額が大きくなればそれだけ金利が下がります。
特に一桁となる150万円以上の融資限度額の時には金利の下がりが目立ってきます。
審査は最短30分となっていますが、借入希望金額が大きくなると審査には時間がかかります。
審査結果連絡時間は平日が9時から21時、土日祝日は9時から17時までとなっていますが翌日以降の回答になると考えておくとよいでしょう。
ATM利用手数料が無料になっており毎月の返済にも余計なコストはかかりません。
提携先のATMもコンビニは多く網羅していますので不便はないでしょう。
簡易審査となるお借入れ診断が公式ホームページには用意されていますのでまずはそこから診断してみることをお勧めします。